ハクシノレシピがお届けする、21世紀型教育メディア

【エプロン先生紹介vol.1 〜ゆき先生〜】何故ゆき先生は選ばれるのか?指名No.1を誇るエプロン先生が最高のレッスンをできる理由

こんにちは。
ハクシノレシピ(以下ハクレピ)運営の株式会社Hacksii 代表取締役 髙橋未来です。

ハクレピになくてはならない存在のエプロン先生。
エプロン先生たちって一体どんな人たちなんだろう?と気になる方のために、実際に採用を決めた私が、彼女たちのことを一人一人丁寧に解説していくコーナーです。

第一弾は、今や大人気で予約困難なゆき先生。

ゆき先生は、現在サービス開発を担うスタッフ職としても勤務してくれています。
現場の様子を積極的に取り入れ、私たちは日々サービスの改善をしています。

ゆき先生の変わった経歴

ゆき先生は、とても面白い経歴の持ち主です。

高校卒業後、服飾系の4年制大学に進学するのですが、ある日「私のやりたいことはこれじゃない!」と思い立ち、食の専門学校へ編入をします。
私はこの話を聞いた時、ものすごい行動力の持ち主だと驚きました。

そして専門学校へ通っている間も、自分の可能性を広げるため、様々な企業でアルバイトやインターンなどをしていたそうです。
ゆき先生は本当に向上心が強く、とても努力家でポジティブ。

エプロン先生の活動を始めた当初、就職活動をしていましたゆき先生ですが、その姿勢と指名の数に惚れ込み、私から社員になって欲しいとお願いをしました。

驚くほど熱い、ゆき先生の履歴書

ゆき先生は、当社のホームページを見てエプロン先生に応募してくれました。
知り合いの方に「こんなサービスがあるよ!あなたのやりたいことそのものじゃない?」と言われたことがきっかけだったそう。
その知り合いの方に、心より御礼を申し上げたい今日この頃です。

ゆき先生と面談で初めて会った時の印象は、熱い。笑
(ハクレピのエプロン先生になるには、面談、研修、実践テストというステップをクリアする必要があります。)

当時22歳だった彼女は、きちんと自分の中でビジョンやミッションを持っていて、それをハクシノレシピ を通じて実現したいと力強い眼差しで語ってくれたのです。

私もこう見えて(?)体育会系なので、その熱さに惚れ込みました。
皆さんにも知って欲しいので、当初ゆき先生にもらった履歴書の一部を公開しちゃいます。
(もちろん本人の許可はとってますよ!)

これを読めば、ゆき先生の想いの強さをご理解いただけますよね?

熱さとは裏腹に、実は最初は一番の問題児だった

とは言え、ゆき先生にも反省エピソードはあります。

ハクレピでは、サービス提供前に必ず全エプロン先生が実践テストを行いますが、テストにまさかの遅刻。
更には動きづらいスカートを履いてきて、緊張からか笑顔もなし。喋り方がぶっきらぼう。

実践テスト中は動画撮影しており、それを本人に送ってフィードバックしているのですが、本人も自分の笑顔のなさに驚いていました。(今からは考えられないのですが。)

そんなこんなで、もちろん不合格で再テスト。
(一つでも基準に達しなければ合格することができない厳しい実践テストを実施しています。)

しかし、次のテストでは流石の挽回。反省を生かし、全て期待以上でした。
失敗をすることは誰にでもあります。その理由を考えていかに改善できるか、それが大事だと思います。

私が思う、ゆき先生の強み

先ほど紹介した熱い想いが記された履歴書にある通り、「食を通して”自分らしく”を大切にできる家族を増やす」、これがゆき先生自身のミッションだそう。

私は何度もゆき先生のレッスンに同行していますが、このミッションがきちんとサービスに落とし込まれています。

以前、一緒にチラシ配布を7時間やり続けたあと、飲みに行った帰りの電車で、ゆき先生が言ってくれました。
「私のやりたいことは、ハクレピだから実現できます。」

この言葉を聞き、私は目頭が熱くなるとともに、だから素晴らしいサービスが提供できるんだなと納得しました。
子どもの”自分らしく”を大切に、いつもポジティブな声がけのできるゆき先生だからこそ、指名が絶えないのだと思います。

そんなゆき先生のレッスンを、是非一度ご体験ください。

ハクシノレシピとは

ハクシノレシピは、3歳から自宅で学ぶレシピのない料理教室です。

料理を手段として、レシピを使用しないことでお子さまの思考力や表現力、判断力の向上を目的としています。

▼ハクシノレシピ WEBページ

https://hakushi-no-recipe.com/

高橋未来

ハクシノレシピ 運営の株式会社Hacksii 代表取締役です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です