ハクシノレシピがお届けする、21世紀型教育メディア

ハクシノレシピのオウンドメディア「ハクレピPLUS+」の立ち上げ秘話!私を決意させてくれたのはユーザーさんだった

初めまして。
ハクシノレシピ(以下ハクレピ)を運営しております、株式会社Hacksii 代表取締役の髙橋未来と申します。

ハクレピについてご存知ない方もいらっしゃるかと思いますので、簡単にサービス説明をさせていただきます。

ハクシノレシピとは

ハクシノレシピ は、3歳から自宅で学ぶレシピのない料理教室です。
レシピを使用しないことでお子さまの思考力や表現力、判断力の向上を目的としています。


詳しくはハクシノレシピ WEBページへ!

以下のメディアでもわかりやすく取り上げていただいておりますので、よろしければご覧ください。
(クリックで記事に飛ぶことができます)
日経新聞電子版NHK「おはよう日本」東洋経済オンラインダイアモンドオンライン

そんな料理教室を展開する我々が、この度オウンドメディアを立ち上げることと致しました。
以下、このメディアにかける思いをシンプルに書き記したいと思います。

未来を生きる子どもたちのために

私は、この2019年が、教育業界にとって勝負の一年だと考えています。

翌年2020年に控えた教育改革や大学入試改革をはじめとして、小学校や中学校の入試問題も、思考力を重要視する問題へと変化していっているようです。

この背景にある社会的なお話は今回は省略しますが、少なくとも私たちが学んできたような教育では太刀打ちできない未来がやってくるのです。

だから私は一刻も早く、21世紀型教育を家庭で実践できるハクレピをもっと多くの方に知っていただく必要があると考えています。

大切なユーザーさんが決意させてくれた

ハクレピの認知度を向上させるために一体何をすべきなのか、チームメンバーで考えて考えて考え抜きました。

街頭で声がけをしながらのチラシ配布や毎日のSNS配信など、地道なことからコツコツと。
しかしもっと相手に”伝わる”ことを重きを置いたアプローチをしたいと考え、オウンドメディアでの発信をすることにいたしました。

ある日、ユーザーさんが言ってくれました。

「ハクレピは、本当に良いサービスです。こんなサービス、今までなかった。もっとたくさんの人に知ってほしい。どんどん情報を発信してください。」

このユーザーさんの一言で、私はオウンドメディアの立ち上げを決意しました。

ハクレピPLUS+の存在意義

私たちは、オウンドメディアを運営していく上で決してブレないようにしようと約束していることがあります。
それは、あくまでもハクレピをより多くの方に知ってもらうための手段であるということです。

だから、メディア名は「ハクレピPLUS+」にしました。
とてつもなくシンプルですが、私たちの根底はハクレピサービスなのでこれで十分だと思っています。
(ハクシノレシピの命名ストーリーは、しっかりと記事化していきたいなと思います。)

伝えられるのは当事者しかいない

というわけで、ここまで書いたらお察しいただけるかと思いますが、記事(ブログ)の執筆はエプロン先生、ハクレピの運営事務局、そして私で行います。

ハクシノレシピの魅力を語れるのは、運営者である私たちと、体験者であるユーザーさんだけです。
生の魅力を伝えるために、このスタイルにこだわっていきます。

発信していくコンテンツとしては、下記のようなものを考えています。

◎エプロンキッズの発明レシピ
ハクレピのレッスン中に生み出された、エプロンキッズたちの独創性溢れるレシピをご紹介します。
これを公開する事で、正解に捉われないという価値観が広まるといいなと思っています。

◎モニターさんのハクレピ体験記
4名のモニターの皆さんには、半年間のアドバンスコース受講&レッスン中の脳活動計測をしてもらいます。
その様子を毎週1名ずつ公開していきます。

◎エプロン先生の知恵袋
こちらの記事は、我らがエプロン先生たちに得意を生かして執筆してもらいます。
素晴らしい先生たちのことを、知っていただく機会になればいいなと思います。

◎運営ブログ
ハクレピの最新リリース情報やメディア掲載情報を発信します。

◎代表ブログ
ハクレピに関するエピソードはもちろん、教育に関すること、幼児教育講師時代の経験談、エプロン先生の紹介などなど、ジャンル問わず執筆していきます。
リクエストも随時受け付けますので、私のTwitterにリプライ又はDMいただけると!(@hakurepi_mixon)

 

終わりに

私たちは、ハクシノレシピの発展に向けてこのオウンドメディアを開始し、21世紀型教育が早期に浸透するよう努めてまいります。
テクノロジー化の加速する20年後に、全ての「人」が自信を持って生きていける社会を作るために。

2019 年 6 月 1 日 
株式会社Hacksii 
代表取締役 髙橋未来

高橋未来

ハクシノレシピ 運営の株式会社Hacksii 代表取締役です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です